就職の面接を受ける

就職活動において最大の山場となるのは面接試験です。
基本的に面接試験が就活の最難関となっており、ここを上手く切り抜けることができないと、就活を成功させることはできません。
面接試験が実質的に就活の最終試験として機能しているのです。
それまでの選考過程についてはあくまでも前座であり、実際に就職希望者と会って、話をすることになる面接試験は日本の多くの企業で重視しています。
中には、筆記試験をせずに面接試験のみで採用を決める会社もあります。


それでは就活生は面接についてだけ考えていればいいのでしょうか。
実際には、就活をしていても、なかなか面接にたどり着くことができないという方が多いです。
これは、面接試験の前に行われる書類選考や筆記試験などで落とされてしまうからです。
ある企業の求人に応募したとして、応募者のすべてが面接試験を受けられるわけではありません。
応募者が少ない場合にはすべての人ととりあえず面接をする場合はあります。
しかし、大抵の企業ではすべての応募者を相手にしていたのでは、手間がかかりすぎてしまいます。
そのため、面接に至る段階で足切りをすることが多いです。


就職活動が厳しい時代となっている理由の一つとして、企業はどんどん足切りをしていきます。
書類選考すら突破できなくて悩んでいる就活生もたくさんいるのです。
どうすれば、面接にこじつけることができるのでしょうか。
当サイトでは、面接を受けることができなくて悩んでいる方のための情報を用意しています。